戦争体験を聞き語る会について

 例年8月15日に行っていた標記の会ですが、今年度から少し形を変えて行いたいと思います。
8月1日(土)に会場が確保できれば、一日日程で行います。皆さんのご都合のつく時間帯に、興味ある時間帯にご参加ください。
 「パネル展示を見る」「体験を聞く」「映像を見る」など、さまざまな学びができるよう用意する予定です。 詳細が決定したら、更新してまたお知らせします。

昨年上映の「家族たちのインパール」

 

教科書展示会に行きましょう!

 来年度から採用される中学校の教科書の採択が今年行われ ます。そのための教科書展示会が以下のように開催されています。今回市長に当選した守屋氏は「日本会議」の方であり、自民党本部との関係も密な方です。8月までには採択を決める日程です。まだなったばかりだからと油断せず、ぜひ足を運んでご意見をお書きください。そして子どもたちに良い教科書が渡るようにしましょう。

開催日  6月12日(金)~7月1日(水) ※土日を除く
時間帯  9時~17時
会 場  合同庁舎2階 2D会議室

市民を「守る」 コロナ対策
「生活」を守る
  ●児童扶養手当5万円
  ●ひとり10万円
大問題! 守屋氏の「10万円」

 小田原市長に就任した守屋氏ですが、選挙後、多数の市民が怒りの声をあげています。 守屋氏は、選挙公報に右のように書きました。
普通に読めば、国からの10万円の他 に、市からも10万円がもらえるとい
う意味だと考えます。何しろ「市民を『守る』コロナ対策」なのですから。実は選挙中も演説で「国とは別に出す」と言っているのを聞いた人が、筆者が知っているだけでも何人もいます。
 また、ある人は、守屋事務所に選挙中問い合わせたそうです。残念ながら録音をしなかったとのことですが、事務所の人が「国とは別です」と言ったそうです。その人は計算ミスをして「190億円もどこから出すのか」と質問したところ、「制限をするのだ」と言ったとか(本当は19億円です)。
 しかし、選挙後、国の10万円のことだと守屋氏。市民の怒りの声があちこちから多数聞こえてきます。「うちは一家5人全員守屋さんに入れたのにひどい」。選挙結果は、そのことを市民が知っていたら逆転していたかもしれません。この大問題を抱えて守屋市政は暗雲の中のスタートです。

お知らせ

2020年02月12日
サイトをリニューアルしました。
2020年02月15日
消費税率5%への引き下げを求める請願
2020年03月22日
安倍9条改憲NO!全国市民アクション